皆様、こんにちは。
Mass++ 開発者の田中聡です。

一応、Mass++ ユーザ会の
代表という事になっていますが、
あまり堅苦しく考えずに
皆様と一緒に、質量分析の分野を
ソフトウェアの面から
発展させる仲間の一人として
考えて下さいね。

さて、以前から何人かの方には
Mass++ ユーザ会について、
お知らせはしていたのですが、
一応、発足日は今日という事に
なっています。

そんな訳で今日から
皆様と一緒に、Mass++ を良い
ソフトウェアに
していきたいと思います。

少し自己紹介をさせて頂くと
私は大学で情報科学の勉強をして
2001年からソフトウェア開発の
仕事をしてきました。

質量分析には2003年から
関わってきましたが、
それは、質量分析装置を使う
研究者としてではなく、
そこから出てきたデータを扱う
技術者としてです。

我々の様なソフトウェア開発者は
一人では仕事ができません。

なぜなら、ソフトウェアというのは
目的を達成する手段の一つであり、
ソフトウェア開発の方針となる
「達成すべき事は何か?」
「どの様に達成すべきか?」
といった様な事は
ユーザである研究者の方々の視点が
不可欠だからです。

現在 Mass++ はどこからもお金が出ていません。
有志が集まり、それぞれの好意によって
支えられているソフトウェアです。

そんな環境の中、
やはり出来る事には限界があります。

ですが、Mass++ の趣旨に賛同して頂いた
研究者の方々、開発者の方々の間で
自由に意見を交換し、
それぞれが、できる事を少しずつやっていって
Mass++ にしか出来ないものを作っていく・・・・

そんな風にできたらいいな・・・と
考えています。

どうか今後ともよろしくお願い致します。

 

Mass++ ユーザ会代表
田中 聡